お薬の飲ませ方 ☆初めてお母様になる方に☆

  • HOME
  • お知らせ
  • お薬の飲ませ方 ☆初めてお母様になる方に☆
乳児ではじめての場合
薬は母乳またはミルクを飲ませる前に与えます。
水薬はそのままスポイドで与えます、粉薬は1回分の量を少量の白湯でとかしてスポイドで、乳首をくわえさせるような要領で口に持っていきます。
次に赤ちゃんが吸ってのみこむ速さに合わせてスポイドを押して薬を口の中に流し込みます。これを繰り返します。
薬を飲んだあとは口直しに母乳またはミルクを与えます。
離乳期をすぎた乳幼児の場合(散薬)
薬を飲む前に白湯を一口飲ませ、口の中を湿らせます。
次に粉薬を口の中へ入れ、すぐに白湯で流し込むように飲ませてみてください。
口の中に薬が残らないように白湯は十分に与えてください。
幼児の場合
“薬をのんで早く元気になろう”とお子様を勇気づけてください。
白湯で口を湿らせた後、薬を口に入れ白湯と一緒にのませます。薬の味が口の中に残らないように白湯を飲ませることがコツです。
ご褒美のお菓子は、お薬の後で、勇気に乾杯という雰囲気で”しっかりがんばったね、お母さんは嬉しい”いう言葉を添えるとお子様に勇気が湧きます。

“いま少し工夫がいるかな?”
という場合もあります。お子様の好みを見ながらどうぞ・・・・・